夢のマイホームを建てる前にチェック!

土地を購入していざマイホームを建てようという場合、必要になるのが地質調査というものです。この調査を怠ってしまうと地震で地盤沈下の被害に合う可能性や、数年で家が傾いてしまう可能性もあるのです。大きな地震では地域によって液状化して被害が出ることも考えられます。夢のマイホームに安心して長く住み続けるためにもしっかりと地質調査を行ってもらいましょう。

土壌汚染調査を専門業者に頼もう
施工事例をいくつも紹介

地質調査で安心できる土地か調べる

重機

家を建てた後に起きてしまう地盤沈下

住宅を建てたというときによく起こるトラブルの一つが地盤沈下です。この地盤沈下のせいで損害額は500万円も発生するといいます。修繕費や立て直しの費用はもちろん、その土地や家の価値も低下してしまうことになるでしょう。さらに、気づきにくい傾きのせいで健康被害に繋がる可能性もあるのです。

地盤沈下を防ぐためにも地質調査が必要

家を建てたあとにトラブルが起きてしまわないよう、建てる前にしっかりと地質調査を行うようにしましょう。地質調査というのはその土地の地盤の硬さや強さを調べることができるものです。建物を建設するときに土質や地質、基礎地盤や地下水のことなどの情報を得ることができます。

地質調査で一般的なボーリング調査

地質調査でよく行われるのがボーリング調査というものです。どのような調査かというと、実際にその土地の地下を掘削して土や岩、地質を直接目視することができる方法です。基盤の深さや地下水位の深さを探ることもできます。また、あらゆる地層に対応することが可能です。

手軽で戸建て住宅の場合に一般的な方法

ボーリング調査と並んでよく知られているのがスウェーデン式サウンディングです。おもりやスクリューのような装置で土の硬さや締り具合を調べることができます。調査の費用が安く、すでに建物があった場合でも調査をすることができるというメリットがあります。

調査方法や技師の腕で差がでることがある

ボーリング調査やスウェーデン式サウンディング以外にも地質の調査をする方法はたくさんあります。例えば、平板載荷試験やハンドオーガーボーリング、ポータブルコーン貫入試験やレイリー波調査などがあるでしょう。これらの方法や調査する技師、会社によって結果が変わることがあるので注意しましょう。

広告募集中